弁護士紹介

HOME > 弁護士紹介 > 岩田 好二

弁護士 岩田 好二(Iwata Koji)

第二東京弁護士会所属

学  歴

昭和48年3月   東京大学法学部卒業

職  歴

昭和50年4月   司法修習修了(第27期)
昭和50年4月   弁護士登録
昭和50年10月  甲府地方裁判所判事補(未特例)
昭和54年4月   東京地方裁判所八王子支部判事補(特例)
昭和57年4月   名古屋地方裁判所判事補(特例)
昭和60年4月   東京法務局訟務部付
平成元年4月    東京地方裁判所判事
平成3年4月    公害等調整委員会事務局審査官
平成6年4月    名古屋高等裁判所判事
平成10年4月   東京高等裁判所判事
平成11年8月   東京地方裁判所判事部総括
平成15年4月   横浜地方裁判所判事部総括,後に民事所長代行
平成19年11月  松江地方裁判所長・松江家庭裁判所長
平成21年4月   大阪高等裁判所判事部総括
平成24年6月   判事依願退官
平成24年7月   浜松町公証役場公証人
平成31年4月   公証人依願退職
令和元年9月    弁護士登録

その他の公職

令和元年10月   中央建設工事紛争審査会特別委員(非常勤)

過去の取扱事件

平成31年4月まで,各裁判所等で,主として民事事件や家事事件の仕事に携わってきました。中でも,次の①~⑦に記載した各事件については,特に力を集中してこれらの解決に携わってきました。今後は,これらの経験を生かして,弁護士としての適正な執務に努めたいと思います。

①  名古屋地裁交通事件集中部時代には,多くの交通事件を担当し、損害賠償事件の基礎を勉強しました。
②  東京法務局訟務部時代に、行政事件(租税事件を含む)、国家賠償事件、国有財産関係事件等を担当しましたが,中でも,境界確定事件について深く研究する機会を得ました(明治初期の地租改正に遡る歴史的な研究を含みます。)。
③  公害等調整委員会では,同委員会事務局審査官(行政官庁の本省課長相当職)として公害調停等に従事し,在任中に「北陸新幹線騒音防止公害調停」を成立させました。
④  東京地裁部総括(裁判長)時代には,大型の薬害訴訟の一つである「ヤコブ病訴訟」の和解を成立させました。
⑤  横浜地裁部総括時代には,通常部、行政部、執行・破産部の各裁判長を歴任し,任期後半は,民事所長代行の仕事を併せて行いました。
⑥ 松江地家裁所長時代には,特に、家庭裁判所の家事事件の審理充実(審理方式の確立、情報の共有化方策等)に力を尽くしました。
⑦  浜松町公証役場公証人時代には,公正証書遺言その他の公正証書の作成、株式会社等の原始定款の認証、私署証書の認証等を担当しました。

最近の著作(いずれも共著)

改正民法保証法(日本法令)
遺言モデル文例と実務解説(青林書院)

ご挨拶

約45年にわたった裁判官・公証人の執務において蓄積した知識・経験等を生かして,皆様がお困りになっている紛争の適切な解決を目指したいと思います。どうぞお気軽にご相談ください。