弁護士日記

HOME > 弁護士日記

自己紹介(弁護士福永悦史)

昨年12月より当事務所で勤務を開始した福永悦史と申します。前職は司法書士をしていまして、主に、不動産売買や相続等の登記業務や、不動産を取得する際のデュー・デリジェンス(法務調査)を行っていました。扱ってきた物件は、賃貸マンション、オフィスビル、商業施設、ホテル、旅館、物流施設、工場、太陽光発電所と幅広く、それぞれ関連する法令・条例も異なり、大変興味深いものでした。
 不動産関連の事案は、登記を活用することで有利に話を進められる事案もありますので、是非ご相談いただければと思います。また、ちょっとした不安など、どんなささいなことでも気軽にご相談いただければ、丁寧に対応させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 : admin|2019年4月24日

高梁ひまわり基金法律事務所引継式

平成31年3月26日,岡山県高梁市のホテルで,高梁ひまわり基金法律事務所の引継式及び引継披露宴が開催され,所長が,当事務所出身弁護士である久貝克弘弁護士から,岸久美子弁護士に交代しました。当事務所からも,所長を始め6名の弁護士が,引継式及び引継披露宴に出席しました。

高梁ひまわり基金法律事務所は,高梁市内の唯一の法律事務所として,2016年3月に開設されました。弁護士が高梁市内に常駐するのは1985年以来だったそうです。初代所長である久貝弁護士は,3年間の任期中に,500件以上の法律相談や,200件以上の裁判・調停を行ったとのことです。
引継式には,岡山県の弁護士だけでなく,司法書士などの弁護士以外の士業の方々も多数参列していました。また,市長のご挨拶では,「本当は久貝弁護士に辞めないでほしい」との言葉もありました。久貝弁護士が,高梁市の皆さまから頼りにされるとともに,愛されていたことが伝わってきました。

2代目所長となった岸弁護士は,記者会見で,「高梁市は,2018年の豪雨で大きな被害を受けた地域なので,被災者のために尽力したい」と熱い思いを語っていらっしゃいました。また,岸弁護士は,女性が気軽に法律相談に訪れられるようにしたいという夢をお持ちです。岸弁護士は,早くも,高梁市の皆さまから大きな期待を寄せられている様子がうかがわれました。
お近くにお住いの皆さま,何かお困りごとがあった際は,ぜひ岸弁護士にご相談に行かれてはいかがでしょうか。

投稿者 : admin|2019年4月16日