弁護士日記

HOME > 弁護士日記

刑事事件~裁判員裁判(殺人,強盗致傷,強姦致傷,放火などの重大犯罪)

今回は,裁判員裁判について説明したいと思います。
皆様もどこかで耳にしたと思いますが,5年前から裁判員裁判というものが始まっています。
裁判員裁判とは,殺人,強盗致傷,強姦致傷,放火などの重大犯罪に限って,市民の中から選ばれた裁判員が,裁判官と一緒に事件を審理し,有罪か無罪か,有罪であれば科すべき刑罰の内容を決めるというものです。
基本的に,裁判員裁判でも通常の刑事事件の裁判と手続的に大きく変わるところはありませんが,公判前整理手続という裁判の準備段階が必ず行われること,裁判が始まったら,数日間連続で裁判が行われる場合が多いことなどの違いがあります。
この公判前整理手続というのは,裁判をスムーズに進行させるため,裁判官,検察官,弁護士の三者で,裁判に出す証拠の内容や争いになる点を整理するための手続です。
その整理の中で,弁護士が検察官に,証拠を見せるよう請求したり,裁判官が弁護士・検察官双方に裁判で主張する内容を明らかにするよう求めてきたりします。
このような手続は,通常の刑事事件の場合,ほとんど行われることはありませんが,裁判員裁判の場合は,迅速に裁判を進めるために必ず行われています。
ですので,裁判員裁判の経験がない弁護士の場合,手続の違いにとまどったり,その準備に時間がかかったりして大変になることがあります。
裁判員裁判のような重大な事件の場合,裁判員裁判を経験したことのある弁護士の方が,裁判の手続もスムーズに進むこともあります。

これまで何回かにわたり色々お話ししてきましたが,犯罪というのは,突然,起こるものです。
いつ,どこで,自分自身または自分の家族が犯罪をおかしたり,犯罪に巻き込まれたりするか分かりません。
そういう方のために,弁護士に相談するかどうかを考える一つの助けになればと思い,この文章を作成しました。
この文章を読んでみて,弁護士に一度相談したいという方がいらっしゃれば,できるだけ早く弁護士に相談されることをお勧めします。

(弁護士 久冨木大輔)

投稿者 : admin|2014年9月1日