取扱業務

HOME > 取扱業務 > 7 民事事件の流れ

民事事件の流れ

1 紛争の発生

法律問題に巻き込まれたと思ったら,まずは弁護士に相談しましょう

2 訴訟前

(1)相手との交渉

いきなり裁判を提起するのでなく,まずは,話し合いでの解決を目指す場合もあります。

(2)保全処分

勝訴判決を得ても,相手に財産がなければ現実には取れないおそれもあるので,仮差押え,仮処分により,相手方の財産の処分を禁止しておく場合もあります。

3 訴えの提起

(1)第1回口頭弁論期日の指定

原告が訴えを提起すると,裁判所から期日が指定され,被告へ訴状が送達されます。

被告として訴えられたら,弁護士に相談するなどして,第1回口頭弁論までに答弁書を出して,訴状に反論します。

(2)口頭弁論手続

弁論手続 原告被告の主張の応酬と書証の提出

                        ↓

証拠調手続 証人尋問,当事者尋問,検証,鑑定

                        ↓

 弁論手続 証拠調べの結果を踏まえた当事者の主張整理

                        ↓

弁論終結(判決になる前にここまでで和解になる場合もたくさんあります。)

4 判決

(1)不服の場合は2週間以内に控訴   以下控訴審手続に

(2)確定

     送達後2週間以内に控訴しなければ確定し,強制執行手続へ。