取扱業務

HOME > 取扱業務 > 4 不動産・建築

不動産・建築

 建築業者や不動産業者と建築紛争になった場合,業者に対して損害賠償請求や修補請求

をすることは容易ではありません。新築物件の瑕疵はもちろん,中古物件やリフォーム工事の

瑕疵についても,損害賠償や修補請求が可能な場合があります。

 不動産・建築紛争においては,早期に弁護士を介入させ,資料と情報を収集し,業者と交渉を

進める必要があります。

 交渉で決着がつかなければ,訴訟,あっせん,調停,仲裁等の手続を通じて建築士などの

専門家の意見を交えながら紛争解決を図ることになります。

 不動産・建築紛争でお悩みの方は,まずは弁護士にご相談ください。

たとえば・・・

・壁にヒビが入った。家が傾いている。雨漏りがする。建て付けが悪い。

・近隣に大きな建物が建ったので日当たりが悪くなり,ビル風もひどくなった。

・建築業者が倒産してしまい,工事が中止されてしまった。

・中古で購入した家が白アリ被害に遭っていた 等。