事務所概要

HOME > 事務所概要 > 所長メッセージ

所長メッセージ

幣原

ご 挨 拶

 弁護士法人東京フロンティア基金法律事務所は,平成13年9月,第二東京弁護士会の支援のもとに設立された「都市型公設事務所」と呼ばれる法律事務所です。第二東京弁護士会のフロンティア精神を表すフロンティア基金をもとに,東京における最初の都市型公設事務所としてスタートしました。翌平成14年4月,弁護士法人となりました。

 第二東京弁護士会が設置した「四谷法律相談センター」が併設されており,当事務所が四谷法律相談センターの管理業務を担当し,法律相談の業務の一部も担当しています。  当事務所は,弁護士の公益的活動を行うこと,弁護士過疎地域における法律事務所において業務を行う弁護士の育成・支援をすることなどを目的とし,業務においては,消費者被害事件,不動産関係事件,建築関係事件,家事事件,刑事事件,マンション関係事件,医療事件などを多数取り扱っています。  法律相談・事件活動の面では,四谷法律相談センターや法テラス新宿などの法律相談を年間1000件程度担当し,建築相談の特別枠で多くの法律相談を受け事件を受任しています。また,消費者センターとのホットラインが形成されており,東京全域の消費者センターから事件紹介がされてきています。 当事務所が,その時代,その人,その法律問題に応じ事件活動に取り組んできた実績は,法律相談をし,事件を依頼された皆さまから高い評価をいただいています。所員一同がさらに努力を重ね,皆さまのお役に立てる法律事務所になっていく所存です。

弁護士法人東京フロンティア基金法律事務所 代表社員弁護士 幣原 廣